カードローンの利息の計算方法をチェック

カードローンでお金を借りると、借りた日数分利息が発生します。
利息の金額は【元金×金利(実質年率)÷365×借入日数】という計算式で求めることができます。
具体例としては、10万円を金利18%で1年後に一括返済すると利息は18000円です。
1ヶ月後に一括返済した場合はおよそ1480円の利息を元金に加えて支払う必要があります。

 

ただしカードローンで一般的に取り入れられている残高スライドリボルビング払いという返済方式では、月々の利息計算がやや複雑になります。
また返済途中で追加キャッシングした場合も借入残高が変わってしまうので、翌月からの返済額が分かりにくくなってしまいます。
そこで便利なのが返済シミュレーションという機能です。

 

この機能を使うと瞬時に利息や返済額の具体的な数字が分かります。
借入額や利率、また月々の返済予定額などを入力すると、自動的に利息や完済までにかかる期間などを計算してくれます。
これなら面倒な計算を自分でする必要もなく、なおかついつでも自分の利用状況や返済状況を把握することが可能です。
カードローンを利用する上でもっとも大切になるのが借り入れと返済のバランスです。

 

限度額の範囲内ならいくらでも借りられるといって次から次へとキャッシングを繰り返すと、いつの間にか正確な状況がつかめなくなってしまいます。

 

気付いたときには月々の返済が追いつかず、延滞や多重債務といった最悪の状態を引き起こす可能性もあります。
このような状況に陥らないためにも、日頃から返済シミュレーションを活用して借りすぎをコントロールすることが大切です。